通勤時間を有効に使うための10の方法「通勤時間活用術」

通勤時間を有効に使うための10の方法「通勤時間活用術」

通勤時間を有効に使うための10の方法

通勤時間を1年間計算すると1年で何時間になるかご存知ですか?

片道1時間×240日で換算すると約480時間も通勤だけで時間が経過しています。

480時間を有効に活用すれば、とても有意義な時間に変わります。

それでは、どんな事をして過ごせば通勤時間が有効な時間に変わるのでしょうか。
通勤時間を有意義な時間に変える10個の方法をご紹介します。

  • 本を読む
  • オーディオブックを聞く
  • 英語のリスニングを行う
  • 文章を書く
  • スキルアップの勉強をする
  • 株や投資の勉強をする
  • 副業でお金を稼ぐ
  • ニュースで最新情報を学ぶ
  • 資格の勉強をする
  • 業界の動向をリサーチする

あなたに合った通勤時間の活用方法

先程の章で通勤時間を有効活用するための10の方法を列挙しましたが、人によって向き不向きや有意義になるか変わります。
どの方法が自分に合うかの基準は、ずばり興味があるかないかです。

自分に興味のある通勤時間活用術を選んで、有意義な時間にして下さい。

それでは、通勤時間を有効活用する10の方法について、一つ一つ詳しく見ていきます。

列挙した項目をクリックするとその詳細内容の箇所までページ内リンクしますので、興味がある内容からご覧下さい。

電車で本を読む

通勤時間を有効に使うための方法で一番メジャーな方法が「本を読む」ではないでしょうか。
電車の移動時間は長い人だと片道で1時間~2時間くらい乗車しています。
この間に本を読むと1週間で1冊くらいのペースで本を読む事ができます。
※1冊の読了を数時間~10時間と仮定

通勤に読むべきおすすめ本

通勤では、本を読んでいても乗り換えなどで読むのが途切れ途切れになる場合があります。

そのため、読むのが途中になってしまっても前の内容を覚えていやすい本や短時間で読み終えれる本、読みやすい本などがおすすめです。

例えば、仕事を効率化させるためのメソッドが書かれた本や仕事術の本などは方法論が各章で区切れているため、短時間でも読みやすく通勤用の読書におすすめです。

「仕事の効率化を進めるおすすめ本」という記事で具体的な本を薦めてますのでお時間があればご参照下さい。

また短編小説も読みやすいものが多く、短時間で読み進める事ができるのでおすすめです。

自分の興味に合った本が一番良いのですが、何を読んだらいいか分からないという人は上記を参考にしてみて下さい。

オーディオブックを聞く

電車が満員で本を読むスペースすらない。スマホをいじる事すらできない。都心に住み通勤する方ならそれくらい混雑している満員電車に乗っている方も珍しくありません。

そんな超混雑時でも有意義に時間を有意義に使える方法の1つがオーディオブックです。

オーディオブックとは?

オーディオブックとは、書籍や本の内容を耳で聞けるサービスです。

本の内容をナレーターが朗読してくれている音声データを購入し、本の内容を聴く事ができます。

オーディオブックは複数の配信サービスがあります。サイトでダウンロードして音声データを購入する「Febe」やアプリをダウンロードしてリスニングできるサービスなどがあります。

「FeBe」などの音声データを購入する配信サービスですと購入した音声データをスマホや音楽プレイヤーなど複数の機器で聴けるので、データをダウンロードして各デバイスに展開する事ができる人は、ダウンロード購入をおすすめします。

英語のリスニングを行う

こちらも混雑時におすすめの勉強法です。英語のリスニングだと耳さえ空いていればどこでもできるので、超満員電車の中でも英語の勉強で有意義に時間を使う事ができます。

リスニング教材を購入しても良いですが、なるべく節約したいのであればyoutubeにアップされているリスニング動画などで勉強する事もできます。

また、先に紹介したオーディオブックでもリスニングレッスン用の音声データなどがありますので、そちらを利用するのも1つの手ですね。

文章を書く

文章を書く事は、自身のスキルアップにつながります。

インプットで情報や知識を蓄積し、アウトプットで文章にしたり誰かにプレゼンする事でその知識がより定着しやすくなります。

また、[目標]や[思考]などは紙に書き出す事で内容がより鮮明になり、自身の考えがまとまります。
目標を紙に書いている人と書かない人とでは、書いた人の方が目標達成する割合が高いという実験結果もあります。

スキルアップの勉強をする

通勤時間は最初に述べた通り年間で約480時間も時間があります。この時間をスキルアップやスキル習得のために使うと、とても有効で有意義な時間になります。

営業職であればコミュニケーションやプレゼンテーションについての勉強をしたり、専門職であれば、その専門分野の勉強をするなどして通勤中にスキルアップを図りましょう。
そうすれば、1年間でライバル達との差が開いているはずです。

通勤が満員電車で本が読めなくても、先程ご紹介したオーディオブックなら耳で学べますので、満員電車で身動きが取れない方にもおすすめです。

株や投資の勉強をする

株や投資について通勤中に学ぶのも通勤時間を有効に使う手段の1つです。

株や投資を学べば、経済などについても詳しくなります。
また資産を増やせる可能性もありますので一石二鳥ですね。

株式投資の初心者なら入れておきたい5つのアプリの記事にて株や経済について情報をキャッチアップできるアプリを紹介していますので、スマホアプリで学びたい方はそちらの記事も参考にしてみて下さい。

サイトでお小遣い稼ぎ

お小遣い稼ぎができるサイトを使って通勤中に小金を稼いでみてはいかがでしょうか?

【通勤でお小遣い稼ぎができる参考例】

  • ポイントサイト
  • WEBライティング

例えば、ポイントサイトと呼ばれるサイトであればアプリダウンロードや各サイトの無料登録などでお金に換金できるポイントがもらえます。
新社会人であれば、クレジットカードなどを作る時にポイントサイトを経由してクレジットカードを申し込むと数千円~数万円分のポイントが獲得できます。
また、楽天やYahooショッピングなどもポイントサイト経由で買い物をすると、楽天ポイントやTポイント以外にプラスして、換金できるポイントサイトのポイントが獲得できます。
そのため、ネット通販をよくする人はポイントサイトに登録しておくのがおすすめです。

他に通勤中にお小遣い稼ぎができる方法といえば、WEBライティングがあります。
WEBライティングはスマホでも可能です。通勤中にライティングサービスから与えられた課題の文章を書く事で文字数に応じて報酬がもらえます。

通勤中に文字がそんなに書けなくても、各内容についてなどを概要だけでもまとめておけば、いざ文章作成になった時にスムーズに執筆しやすくなります。

年間続ければ、それなりのお金を稼ぐ事ができるでしょう。

ニュースで最新情報を学ぶ

通勤中に経済、IT、テクノロジー、マーケティングのニュースなどをキャッチアップする事で、世の中の最新動向を知る事ができます。
今の時代はいかに新しい情報を得られるか、その情報をビジネスに活かせるかがビジネスで勝ち抜く鍵となります。

Newspicsやロイターなどのアプリではビジネスマンが知りたい最新ニュースがピックアップできます。
ポータブルオーディオプレイヤーでニュースを得たいのであればradikoでラジオニュースを聴くのも1つ手段です。

また専門性の高い情報をキャッチアップしたければアプリストアで、専門分野のキーワードを入れると色々な専門分野に特化したニュースアプリが出てきますので、それらを活用するのも良いでしょう。

多少英語が得意な方であれば、海外のニュースアプリを使えば、英語も学べて一石二鳥です。

資格の勉強をする

資格を取るために通勤時間を有効に使うのも良いでしょう。

スキルアップの内容とかぶりますが、自分のビジネスに関わる勉強を通勤の間にして、ライバルと差をつけてみてはいかがでしょうか?

資格で商売ができる士業の勉強を通勤中にしてる方もいます。
通勤時間をうまく使って、税理士や司法書士、弁護士、会計士など道半ばで諦めていた資格に再挑戦してみるのもいいかもしれません。

最近では、通勤講座などのサイトでスマホから資格取得の勉強ができるサイトやアプリが出ています。そういったツールをうまく使えば、効率よく勉強を進められます。

副業を行う

年間で約480時間もの時間を要する通勤時間。その時間を活用して副業をしてみるのも時間を有効活用する手段の1つです。

480時間は勤務時間に換算すると、8時間×60日に相当する時間になります。これは副業を行う上でかなり有利な条件です。
60日分の労働時間を通勤だけで確保できるという事ですから。

それでは、通勤に適している副業をいくつかご紹介しておきたいと思います。

通勤電車では狭い空間の中でできる作業に限られます。スマホ1つで作業できる副業が適しているでしょう。

例えば、ポイントサイト。ポイントサイトはスマホでサイト登録などの作業をするだけでお小遣いポイントが貯められますので、電車内でやるのに向いています。

他にはライティング。文章を作るのはスマホでもできますので、WEBライティングサイトなどに登録して文章作成の仕事を進める事ができます。

アフィリエイトも通勤時間でできる副業です。売れそうな商品やニーズの高そうなサービスの紹介をして、そこから成果が生まれれば報酬がもらえます。
アフィリエイトでは、月収300万円以上も稼ぐようなスーパーアフィリエイターと呼ばれる人たちもいます。
ここの領域までいくと、通勤電車に乗るような会社勤めをわざわざする必要がなくなります。

他にもスマホを使ってできる副業は色々とあります。

時間を有効活用して、電車に乗っていながらもお金を稼いでみてはいかがでしょうか。

 

ビジネスカテゴリの最新記事