集中力を高めるための具体的な方法【習慣化させる実践力】

集中力を高めるための具体的な方法【習慣化させる実践力】

集中力はビジネスのクオリティを大きく飛躍させる事ができます。

また、働き方改革が内閣府により推進されてから、多くの企業で勤務時間の削減対策が推し進められてきました。
しかし、勤務時間の削減を推奨されども業務量は減らず、家に仕事を持ち帰るだけで実態はあまり変わっていないという話を聞きます。

今回は、『集中力』の高める方法にフォーカスして、実践的なテクニックをお届けします。

集中力を高める方法1:環境を整える

集中力を高めるために、作業する環境を整えることは非常に大事です。

作業スペースや音、清潔さなど、できるだけ自分が集中しやすい環境を整えましょう。

視界に集中を妨げるようなモノ(例えばスマートフォンなど)を置かないようにするなど工夫できることは工夫して、自身の集中力を最大限に発揮できるような環境を作っていきましょう。

集中力を高める方法:姿勢

姿勢を正すのも集中力をコントロールする方法の一つです。

姿勢を整えると、ほどよい緊張感が生まれ集中力が高まります。
姿勢が悪いと脳がリラックスしすぎたり、逆にストレスがかかりすぎたりして集中力が散漫になる場合があります。

背筋を軽く伸ばし、自分が集中できる姿勢を取って集中力を高めましょう。

生活習慣を改善する

生活習慣を変えることは集中力の改善に影響を及ぼします。

例えば睡眠時間を例にあげると、睡眠が足りている人間と足りてない人間だと、前者の方が仕事の能率が高いのは周知の事実でしょう。

また、体調不良かそうでないかでも、集中力において大きな差が生まれます。

つまり健康であるか、そうでないかで人間の集中力に差が出るのです。

バランスの良い食事を摂っているか、そうでないかでも集中力に差が出るそうです。

一度自身の生活習慣を見直して、集中力に悪影響を与えている習慣がないか見てみましょう。

集中するためのルールを作る

短時間集中と休憩を繰り返すことで、効率よく作業や勉強を進められると言われています。
15分ルール法では「15分の集中タイム」と「5分の休憩」を繰り返すことでパフォーマンスを持続させることができると言われています。

この15分ルール法のように自分で集中するためのルールを作って、集中のスイッチを入れることをルーティン化させると良いでしょう。

例えば、「深呼吸してコーヒーを3口飲んだら集中モードに入る」など自分ルールは何でも良いです。そのルールを実行したら必ず集中するという自己暗示をかけて、それを体と脳にしみつけるのです。

まとめ

集中力をコントロールすることは、ビジネスを飛躍させるのに大きな影響を与えるだけでなく、自分の人生をより良いものに変えてくれる大きな要因にもなります。

今回ご紹介した方法が一つでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。

 

自己啓発カテゴリの最新記事