お金を貯める方法を学ぶ「誰でも貯金できる方法」

お金を貯める方法を学ぶ「誰でも貯金できる方法」

なぜ自分には貯金が少ないのか、お金を貯める方法を知らなくてお金を貯める行動をしていないからです。

ここのページを読んだ人はおそらく貯金があまりなく、お金を貯めたいと思っている人でしょう。
お金を貯めるためには、工夫と努力が必要です。
お金が貯まるようになる環境作りと方法を詳しく書いていきますので、一つ一つ実践していって下さい。

楽に貯まるという安易な発想は捨てて、真剣に行動すればお金は貯まります。
まずは毎月お金が貯まるようになる仕組み作りから説明していきます。

貯金口座と支出口座を分ける

まずは貯金口座と支出口座を完全に分けてください。この時、必ず注意して欲しい事があります。
それは、貯金口座に入れたお金は絶対に引き出さない!事です。

お金が手元に少ない時に貯金用に使っている銀行が近くにあったら、ついついそこからお金を下ろしてしまう人がいます。
そういう人に限って、「あとでお金を戻せばいいや」と考えていてお金を戻すのを忘れてしまいます。
お金が貯まりやすい人というのは、自身に課せたルールをしっかりと守っています。
お金はなるべく手元に多く持っておき、下ろさなくて済むようにしましょう。

毎月使うお金を決めて支出口座へ入金する

支出口座には毎月必要な固定費+交際費を決めて入金します。
まずは毎月かかる固定費を紙に書いて洗い出して下さい。その際、実際にいくら使っているか金額を明記します。
(例 男性一人暮らし)
家賃:7万円
光熱費:電気5,000円、水道:2,000円、ガス4,000円、ネット4,000円
保険:5,000円
携帯代:8,000円
奨学金:12,000円
合計:110,000円
※女性の場合、上記から化粧代や美容室代も入れておくとより明確に月額支出が見えてきます。
まずは自分が固定費だけで毎月いくら必要か見えてきます。
ここから残りの金額を貯金と交際費、生活費に分けていきます。

ざっくりと例にすれば給料手取り20万円とすると貯金3万円、交際費3万円、生活費3万円、固定費11万円という割り振りです。
そうすれば毎年36万円、3年で108万円、5年で180万円の貯金が可能です。

毎月、お金が入ってきたらすぐに貯金する

お金を貯めたいのであれば、必ず毎月すぐにお金を貯金口座へ入金して下さい。
毎月貯金する金額は給料や収入が入ってきたらすぐに貯金しないと後回しになって、月末には貯金するはずだったお金に手を付けてしまっているという事態が起こりえます。
特に浪費家の人は、収入が入り次第すぐにお金を入れるようにしましょう。
毎月何日にお金を入れるか決めておくと忘れず貯金できます。

【お金を貯める方法おさらい】
・収入口座と支出口座を分ける
・毎月使う金額を支出口座へ入金する
・毎月、お金が入ってきたらすぐに入金する

お金を貯めるための3つの原則

  • 支出を減らす
  • 収入を増やす
  • 資産を運用する

支出を減らす方法

支出の金額を減らせば、当然ですが手元に残る金額が増えます。お金を貯めるためにも支出を減らす努力をしましょう。支出を減らすための方法をいくつか紹介します。

1,固定費を削る
支出を減らす上で一番効果があるのは、毎月掛かる固定費を削る事です。
家賃や光熱費、携帯代、保険代など毎月引き落とされる支出を見直してみましょう。
そして、1,000円、2,000円でもいいので固定が下がったら、その分を毎月の貯金に上乗せしてお金を少しでも多く貯めましょう。

2,大きな買い物をしない
家電や服など金額の大きいものはなるべく買わないようにします。
どうしても必要な場合は、ネット通販なども駆使してなるべくコストを抑えるようにしましょう。

3,1日の支出経費を見直す
毎日使っているお金を見直します。家から職場の往復の中で何にお金を使っているかを書き出し、不必要なものやコストカットできるものはコストカットしていきましょう。
「チリも積もれば山となる」です。1日100円の節約で36,500円が1年に貯まります。

収入を増やす

収入を増やすのは簡単ではありませんが、こちらは長期的にコツコツと行いましょう。
まず手っ取り早いのが給料を上げる事ですが、給料はすぐにアップするわけではありません。
では、どうすれば収入を増やせるのでしょうか?
1つは、収入の手段を給料以外にも増やす事です。つまり、副業をして収入を増やします。
副業といっても投資やオンラインビジネス、バイトなど色々とやり方はあります。
自分にあった無理のない方法を選びましょう。

資産を運用する

これは収入を増やすと重なりますが、毎月一定額を貯金してお金を貯めるだけではなく、溜まったお金を一部運用してお金を増やします。
資産運用や投資を行うわけです。

しかし、投資や資産運用は原資(最初に投資したお金)を減らすリスクもあります。
そのため、多少目減りしても困らない程度の金額で運用を行う事をおすすめします。

貯金カテゴリの最新記事