「お金持ちがやってる朝の習慣」朝の行動で人生が変わる

「お金持ちがやってる朝の習慣」朝の行動で人生が変わる

起床後の朝は、睡眠のおかげで心身がリフレッシュした状態です。

朝は集中力も高く、パフォーマンスが高い時間帯と言われています。そのため、朝の時間を有効活用することで人生を豊かにすることができます。

今回はそんな朝の時間に、お金持ちがやっていること、やらないことを知り、朝から1日を有意義に使っていきましょう。

朝の習慣 お金持ちがやってること

お金持ちと言っても、人によって続けている習慣は少し異なりますが、多くのお金持ちが実践している習慣をいくつかご紹介したいと思います。

なぜその活動をしているのか、どうしてそれが人生の豊かさやお金持ちになることに繋がるのかも考えながら見ていきましょう。

読書をする

朝、読書をしているお金持ちは多いです。読書を通して新しい知識や情報をインプットし自己研鑽しています。朝は脳の活動が活発で読書をするのに適している時間帯です。朝起きて頭が冴えている間に読書をするのです。

年収と読書には少なからず相関関係があるようで、読書量が多いほど比例して年収も高くなる傾向にあります。

有名な企業の社長や投資家にも朝読書する習慣の人が多く、三井物産の代表取締役会長・飯島 彰己氏は朝の4時に起きて読書する時間を作っているそうです。

2020年のフォーブス世界長者番付4位にランクされたウォーレン・バフェットは、朝に投資対象企業の財務諸表を30分間読んでいるそうです。

散歩をする

朝、散歩をすることは心身ともに非常に良い効果をもたらします。散歩は運動と日光を浴びることで頭と体を覚醒させる作用があります。朝に日光を浴びることで、セロトニンという脳内物質を分泌し、精神を安定させることにつながるとされています。さらに、メラトニンという物質の分泌を抑えて、体内時計をリセットさせる効果があるのです。

朝、少しでも散歩をして軽い運動と日光を浴びることを兼ねることで1日のリズムを整えることができるのです。

ランニング

軽い運動をすることで血行が良くなり、体が覚醒するメリットがあります。さらに朝は夕方に比べて体の代謝が良いので、朝から運動をすることで太りにくい習慣を身につけることができます。

富裕層には朝から運動する人が多く、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツは朝からランニングマシンで走りながらDVDを見たり音楽を聞くのが日課だそうです。

ただし、激しい運動は体に負担をかけ過ぎてしまい仕事のパフォーマンスを落としてしまうため、軽い運動程度にとどめておくのが大事です。

白湯を飲む

白湯には、「消化が良くなる」「体の毒素を排除する」「代謝がアップ」などの効果があり、冷え性や便秘にも良いそうです。

白湯には血行や代謝を良くする働きがあり、体の老廃物を流して綺麗にしてくれるためデトックス効果もあることが知られています。

お金持ちは健康意識が高い人が多く、消化吸収の良い白湯を飲んで体を目覚めさせ朝から調子を整えます。モデルや芸能人など美容に意識の高い人たちも白湯を飲むのを日課にしている人が多く、美容にも良いとされています。

朝やるべきではないこと

富裕層がやっている朝の習慣や朝やると良いことを紹介してきましたが、反対に朝やると良くないことをご紹介します。

・スマホでゲームをしたりニュースを見る

・ワイドショーを見る

・メールやSNSのチェック

これらは、朝から脳にマイナスの影響を与えるため避けたほうが良い行動です。

お金持ちはこういった脳へ悪影響を及ぼす行動を朝にすることは意識的に避けています。
朝の活動が一日のパフォーマンスに重要な影響を与えることを知っているからです。

快適な朝を迎えるための夜の準備

とはいっても朝からバリバリ活動するのは苦手だという人も多いでしょう。快適な朝を迎えて、1日を気持ちよく過ごすためには夜の準備が重要です。

ここからは、快適な朝を迎えるための夜の過ごし方、準備の仕方についてご説明します。

朝を快適にするには、質の良い睡眠を取ることが重要です。
質の良い睡眠が寝覚めをすっきりとさせてくれ、清々しい気分で朝を過ごすことができます。

・直前までテレビやスマホを見ない

・リラックスできる環境を作る

・就寝の3時間前までに夕食を摂る

・深酒をしない

これらは、質の良い睡眠を確保するために重要なことです。

睡眠に悪影響を与える行動を避け、良い睡眠が取れるように工夫して夜を過ごしましょう。

朝のパフォーマンスを高め、朝の習慣を良くするためには夜の習慣が同じくらい大事になってきます。

お金持ちが実践している良い習慣を身につけ、1日をより素敵に過ごせるように意識してみてはいかがでしょうか。

自己啓発カテゴリの最新記事