20代の社会人は500円ワンコイン投資から始めよう

20代の社会人は500円ワンコイン投資から始めよう

日本の銀行では貯金をしていても金利が年利で0.001%程度しかつかず、資産を増やすのは難しいというのが日本人にも浸透してきました。
※参照:ゆうちょ銀行の預金金利0.001%

さらに、これから少子高齢化が加速していき、年金制度が将来的に維持できなくなると言われております。
そのため日本政府は確定拠出年金制度やNISA、つみたてNISA、iDeCoなどを設け、個人で老後資金を形成するように促しています。
今の20代からすると老後まで40年ほどあり、今の年金制度は間違いなく変わっていると思われるでしょう。

しかし、日本では貯金文化が根付いているため中々、個人での資産運用や投資が進んでいないのが現状です。
特に20代の社会人は貯蓄や余裕資金が少なく、投資などに意識がいきづらい面もあります。

20代におすすめワンコイン投資

そこで、20代の社会人におすすめしたいのがLINE社が始めた「ワンコイン投資」です。
これは、積立額を500円から設定することができる積立投資です。

煩わしい手続きは不要で、積立金額を設定するだけで、引き落としはLINEpayの残高または連携銀行口座から自動引き落としされます。
積立しているお金は出金手続きを行えば、当日もしくは翌営業日には出金先口座に入金されます。
そのため、何かあればすぐにお金を手元に戻せるので利便性も高いといえます。

ただし、投資のため以下の点において注意が必要です。

  • 預かり資産の年率1%の手数料が掛かる
  • 投資のため運用成績によっては元本割れを起こす可能性がある

しかし、貯金を続けるよりも資産が増えるようにロボタイザー(ノーベル賞受賞理論に基づいた運用アルゴリズムが採用されているAI)によって運用されます。
そのため、投資を何も知らない素人が行うよりも良い運用成績を上げてくれることでしょう。
LINEスマート投資(ワンコイン投資)のHPでは、毎週1万円を10年間にわたって積立し続けた時のシュミレーションを以下のように算出しています。
「貯蓄した場合:520万円」
「積立投資した場合:483万円~695万円」

今の貯金だけでは不安な方は、「カフェ代やタバコ代、ゲーム代」などのちょっとした無駄遣いを節約して簡単に始められる投資をしてみてはいかがでしょうか?

 

ワンコイン投資

投資・株カテゴリの最新記事