ポイントで投資できる証券口座

ポイントで投資できる証券口座

ポイント投資という言葉をご存知でしょうか?

ワンコイン投資やミニ株投資など初心者でも始めやすい投資商品が増えている昨今、楽天ポイントやTポイント、dポイントなどのポイントを投資に回せるサービスがあります。ポイントで株式や投資信託などの投資商品を購入できるサービスを「ポイント投資」と呼んでいます。

ポイント投資とは?

ポイント投資とは、換金性のあるポイントを投資に利用することをポイント投資と言います。
投資サービスで利用できるポイントは、主なところだと「楽天ポイント」や「Tポイント」「dポイント」などのポイントです。

ショッピングやサービス利用などで貯めたポイントを投資に回して運用することで、資産を増やせる可能性があります。投資なので、逆に損失を出す可能性もあります。しかし、現金よりもポイントの方が気持ちに余裕を持って始められるため、初心者がトライアルで始めるには向いているのではないでしょうか。

ポイントの投資方法は2種類ある

ポイント投資には、ポイントを証券会社などの投資会社を通じて一度現金化して売買を始める「ポイント投資型」と現金化せずにポイントのまま運用する「ポイント運用型」があります。「ポイント投資型」は運用益などの受け取りが現金になります。一方、「ポイント運用型」はポイントで運用益を受け取ります。

①「ポイント投資型」

【概要】ポイントを現金化して投資に回し、現金の増加を目指す

【取引】売買や投資運用益の受け取りは現金で行う

【特徴】株や投資信託を実取引できる。そのため、投資の入門におすすめ。

②「ポイント運用型」

【概要】ポイントを原資に運用して、ポイントの増加を目指す

【取引】ポイント運用サービス会社が提供する運用コース

【特徴】運用はポイント運用サービスがやってくれるので、管理が楽。リスクリターンの大小を決めるコースを選ぶだけで基本的にお任せでできる。

ポイント投資ができる口座

dポイント

dポイントはdocomoサービスを利用したり、dポイント提携店でショッピングをすると付与される換金性のあるポイントです。このdポイントを使って、投資ができる証券会社及び投資サービスをご紹介致します。

日興フロッギー

「記事から株が買える投資サービス」が特徴のSMBC日興証券が運営しているサービス。SMBC日興証券の口座を持っていればスタートできます。

手持ちのdポイント100ptから投資ができるので、気持ちにゆとりをもって投資を始められます。

また、記事を読んだり株の取引をしたりするとポイントが貯まるので、投資活動をしながらポイントを手に入れることができ一石二鳥です。

dポイントユーザーの方で投資に興味がある方にはトライアルとしておすすめです。

https://froggy.smbcnikko.co.jp/

dポイント投資(docomo)

NTT docomoが提供しているポイント投資サービス。「アクティブコース」と「バランスコース」の2パターン

https://dpoint-inv.com/portal/top

Tポイント

Tポイントは、TSUTAYAを運営するCCCグループが提供しているポイントです。yahoo!Japanのサービスやファミリーマート、複数の百貨店、ドラッグストアなどでポイントを貯められるため、日常生活の中で貯めやすいポイントとして知られています。そんなTポイントを投資に利用できるサービスをご紹介いたします。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)

「ネオモバ」は、SBIネオモバイル証券が運営しているサービスです。

Tポイントで株やFXに投資ができ、他にもWelthNaviと提携して積立型の資産運用などができたり、iDeCoが利用できたりします。

ネオモバの魅力は、「Tポイントでも株の購入ができること」「1株単位でも株が購入できること※」です。
※ 株の購入は通常100株単位からとなっており、1株(単元未満)で購入するのは1株売買を行ってくれるサービス(ネオモバなど)に申し込む必要があります

1株だと数百円や数千円でも取引ができるので、初心者が試しに投資をやってみるのに向いています。まずは練習をしてみたいという人にはちょうど良いサービスでしょう。

LINEポイント

LINEポイントはLINE PayやLINEポイントクラブなどのLINE株式会社が運営するサービスで獲得&利用できるポイントです。※LINEポイントについて

LINEポイントは、LINE Payとして1ポイント1円で利用することができるため換金性の高いポイントです。また、LINEスタンプやLINE着せ替えなどにも使えるため、LINEのヘビーユーザーには使い勝手の良いサービスですね。

それでは、そんなLINEポイントを投資運用できるサイトを見ていきましょう。

LINE証券

LINE証券は、LINEグループのLINE証券株式会社が運営する投資サービスです。ネオモバと同じく株を1株単位で購入できるのが特徴。
株の売買からFX、投資信託、自動つみたて投資などの投資メニューが利用できます。

「LINE証券はこちら」

楽天ポイント

楽天は、楽天グループの各種サービスで付与されるポイント。楽天グループのあらゆるサービスで利用できるうえに、楽天Payや楽天Edyなどで1ポイント1円の価値で利用できるため、汎用性の高いポイントです。また、楽天銀行で1ポイント1円に換金できます。他ポイントよりも換金性が高く、楽天カードの利用でも貯まるため、貯めやすく使いやすいポイントとして人気です。

そんな人気の楽天ポイントも、投資やポイント運用に回すことができます。それでは早速、楽天ポイントを投資利用できるサービスを見ていきましょう。

楽天証券

楽天証券は、楽天グループが運営するネット証券会社です。国内株式、海外株式、投資信託、FX、ロボアドバイザーなど幅広い投資商品を扱っています。また、つみたてNISAやNISA、iDeCoなどの口座開設もできます。そのため、色々な投資を試してみたい人におすすめ。

「楽天証券口座開設」

楽天ポイントクラブ

楽天ポイントクラブは、楽天ポイントを貯めたり、使ったりできるポイントサービスです。
このポイントサービス(楽天ポイントクラブ)内で、ポイント運用を行えるサービスがあります。「アクティブコース」「バランスコース」のいずれかを選ぶだけで、あとは楽天側が勝手に運用してくれます。

証券口座をわざわざ作る必要がないので、手間をかけたくない人に向いています。ただし、コースが2種類しかなく保有しているポイント内でしか運用できないため、本格的に投資をしたい人には向いていません。

まとめ

今回はポイント投資についてご紹介しました。ポイント投資と言っても、ポイントを換金して投資をする「投資型」とポイントをそのまま運用する「運用型」の2つがありました。どちらもメリット・デメリット、向き不向きがあるので、ご利用の際は、自分に合うのはどちらの手法かよく考えて選択してみてください。

投資・株カテゴリの最新記事