リモートワークに向いている仕事や職種とは

リモートワークに向いている仕事や職種とは

「働き方改革」の影響で日本でも様々なスタイルの働き方が認められるようになってきました。
今回は、オフィスに通勤せずに働ける「リモートワーク」という働き方に適した職種を見ていきたいと思います。
リモートワークに向いている仕事の条件やリモートワークの魅力とは一体どんなものでしょうか?具体的に見ていきましょう。

リモートワークに向いている職種の条件

リモートワークで仕事をするにはいくつかの条件があります。全ての職種でできる働き方ではありません。
下記にその条件を挙げました。

  • オフィスではなくても、場所を選ばずにできる業務
  • 仕事の成果が見えやすく、評価しやすい
  • 直接人と会わなくても成り立つ仕事
  • ある程度、個人で完結できる業務

リモートワークは、基本的にパソコンやネット環境さえあればできる職種が多く、オフィス以外の場所であっても業務に支障がないことが前提です。

リモートワークに向いている職種

それでは、リモートワークに向いているのは具体的にどのような職業でしょうか。

ITエンジニア

ITエンジニアはリモートワークに適した職業です。役割や業務内容によっては難しい場合もありますが、基本的には自宅や自分の仕事環境下でパソコンとインターネットがあれば大半の業務が可能です。
大手企業でも積極的にITエンジニアのリモートワークを推進していて、これからますます増えていくと考えられます。

編集者・ライター

編集者・ライターは原稿や文字数という成果があり、評価がしやすいという点で、リモートワークに向いています。原稿内容の確認などのやり取りが多いため、コミュニケーション能力はとても大切です。
取材など会社外での業務も多く、ほかの職種と比べても以前からリモートワークが進んでいた職種です。

かつて雑誌や本などの編集やライティングは、拘束時間が長く、敷居も高かったのですが、最近では、クラウドソーシングでWEBライティングというジャンルの業務依頼が増え、ライティング初心者でも始めやすくなりました。
主婦や副業で在宅勤務を希望する人の間で人気の仕事です。

デザイナー

デザインも成果物が目に見えるのでリモートワークに向いています。
基本的には自宅作業で完結することが多いため、あまり出勤する必要がありません。また、デザイン制作では、まとまった作業時間が必要なため、時間確保がしやすい点においてリモートワークがおすすめの職種です。

マーケター

マーケティングの戦略を立てるコンサルタントであるマーケターもリモートワークに向いています。その理由は、固定の場所で働く必要がないためです。
この仕事に必要なのは、マーケティングの知識と市場調査によるニーズの分析、戦略立案です。会社にとらわれず、自らの能力さえあればできる仕事なので、リモートワークに適しています。

リモートワークで求められる能力

リモートワークをする上で求められる能力は、一般的な会社員が業務をする上で求められる能力と少し異なります。
特にどういった能力が必要なのでしょうか。

セルフマネジメント力(自己管理能力)

リモートワークをする場合、当然近くに上司や同僚はいません。そのため、スケジュールや仕事の内容、進め方について、自己管理を徹底する必要があります。自制心の無い方や、自己管理が苦手な人はリモートワークに向いていません。
自分で考え、決められた期日までに業務をこなしていける能力が必要です。

コミュニケーション力

人と対面しない事が多いからこそ、コミュニケーション力はリモートワークで欠かせない能力の1つです。特にフリーランスの場合は、対面ではなく電話やチャットツールでのコミュニケーションが多くなります。
そのため、自分の意見を的確に発信していかなければなりません。
コミュニケーション不足で、仕事のトラブルを起こす事もあります。
一人での作業が多い場合でも、発注先や関係者とのコミュニケーションにおいては細心の注意を払う必要があります。

職務完遂力、責任感

リモートワークでは、人の管理下にいない時間が大半です。そのため、自分の力で仕事をやり遂げる責任感が問われます。途中で仕事を投げ出したり、中途半端なまま仕事を放置するようでは、リモートワークは務まりません。

責任感を持ち、求められた成果を出すまでが自分の仕事だと責任感をもって働くことが大切です。

リモートワークのメリットとデメリット

これまでリモートワークに適した様々な職種や必要な能力をご紹介しました。
次に、リモートワークのメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

メリット

  • スケジュールを自分で決められる
  • まとまった時間に集中して仕事ができる
  • 仕事に対する責任感が生まれ、やりがいを感じる
  • ほかの人に邪魔をされにくく自分のペースで働ける

デメリット

  • 仕事に対する責任が重くなる
  • 相談できる上司や同僚が近くにいない
  • 体調不良や急な用事でも代わりがいない

リモートワークのメリットは、ワークライフバランスが取りやすいという点です。通勤時間を削減できる事で時間に余裕が生まれます。
勤務時間にもとらわれる事がないので、仕事を早く終わらせることでプライベート充実させることができます。

デメリットは、仕事に対する責任が大きくなることです。管理されることなく、自由である反面、その責任は大きくなります。上司などによる確認作業も少なくなるので、完成度の高い仕事が求められます。
また、代わりの人が身近にいないため、体調不良などの不測の事態でも、仕事を完了させないといけない場合があります。

リモートワークの魅力

リモートワークの魅力は、場所にとらわれず、仕事ができる点にあります。
特に女性の場合、妊娠出産を機に以前のような働き方が難しくなるケースが多くあります。

しかし、リモートワークは、自分の能力と責任で仕事を進められるため、オフィス通勤が難しい育児中の女性にも適した働き方です。
求められる能力やクオリティ、責任は増しますが、それもまた一つのやりがいではないでしょうか。

今までの働き方では仕事と私生活の両立を諦めることや、どちらか一方を犠牲にせざるを得ないこともあったでしょう。
しかし、リモートワークならそれぞれに合った働き方を実現することができます。会社勤めを断念したり、限界を感じたりしている人にはぜひ、考えてみて欲しいと思います。

ビジネスカテゴリの最新記事