ソーシャルレンディングとは?仕組みやメリット・リスクなどを解説!

ソーシャルレンディングとは?仕組みやメリット・リスクなどを解説!

ソーシャルレンディングという言葉を聞いたことがありますか?
デジタル化に伴ってここ数年で規模が急拡大しており、話題になっている投資なのです。
メリットも大きいですがその分リスクも大きいソーシャルレンディングについて、できるだけ客観的に解説していきます!

ソーシャルレンディングってなに?

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい企業(ボロワー)とお金を貸したい個人投資家(レンダー)とをインターネット上でマッチングするサービスです。
「貸付型クラウドファンディング」とも呼ばれ、高い利回りが期待できるのが特徴です。
貸倒れの件数も決して多くないため、新たな資産運用方法として注目を集めています!

ソーシャルレンディングの仕組み

次に、ソーシャルレンディングの仕組みについて説明します。まず、ソーシャルレンディング会社が融資先の企業に対して厳正な審査を行い、ファンドが結成されます。
一方、投資家はソーシャルレンディング会社と匿名組合契約という契約を交わした後、ファンドに対して出資を行います。
ソーシャルレンディング会社は集まった資金で企業に融資し、最終的に得られた利益によって返済されていくという流れです。
その際投資家は分配金という形でリターンを得ることになります。

ソーシャルレンディングの実態

融資先はどんな会社?

大まかな仕組みを理解したところで、次は融資先の会社について理解しましょう。
そもそもなぜその企業がソーシャルレンディングを利用して資金を調達しようとしているのかを考えてみれば想像がつくかもしれませんが、それらの企業は以下のような特徴を持っています。

  • 実績が伴っていないため、銀行からの融資が受けられない
  • 銀行からは融資のリスクが高いと判断された
  • 銀行の融資に加えて、さらに追加の資金が欲しい

こうみると明らかにリスクは高いことがわかると思います。
特に、銀行からリスクが高いと判断されたものに対しての投資は危険でしょう。
ただし、純粋に追加の資金が欲しい場合もあるため、一概に全てが危険なものではなく、高確率でハイリターンが狙えるものもあるのは間違いなさそうです。

過去の事件

ソーシャルレンディングでは過去に詐欺事件がありました。
個人的に今後も詐欺が起こらないとは思えないため、その一部を紹介していこうと思います。

テクノシステム
再生可能エネルギー関連の事業を手掛ける「テクノシステム」が粉飾決算を行い、銀行やソーシャルレンディングの投資家などから不正に資金を集め、返済できずに破綻した事件です。

この事件は、政財界(小泉純一郎 元総理など)も絡んでおり、闇が深いと言われている事件です。

ラッキーバンク
資金の流用や、返済困難と認識しつつ投資を募り、30億円を超える額の返済が行われなかった。

みんなのクレジット
キャッシュバンクキャンペーンで投資家を募ったが、身内への融資などを行い31億円の返済が行われなかった。

この他にも返済が遅れた事例もあり、危険度はまだまだ高いと言えます。

メリット

利回りの高さ

なんと言ってもソーシャルレンディングの魅力はその利回りの高さと言えます。
その値は2%〜10%程度が目安となっており、投資信託などと比べても明らかに高いことがわかります。
また、保証されているわけではないものの利回りの値は需給に依存しないことから、事業が安定している限りリターンは安定したものになると言えます。

分散投資が容易

1万円程度の少額投資も可能であるため、分散投資は容易であると言えます。
ハイリスクであったとしても分散投資によってリスクを抑えられるのはありがたいです。

短期的なリターンが期待できる

ソーシャルレンディングの融資期間は様々ですが、半年以内のものも多く、比較的短期間で利益を確定することができます。
逆に、融資期間が長ければ長いほどリスクが高まるということは覚えておきましょう!

時間の拘束がない

ソーシャルレンディングは、一度融資したらあとは待つだけです。
需給のバランスなどを気にする必要がなく、価格なども基本的に変動しないため、こまめにチェックする必要がないのです!

リスク

業者の不正行為

先ほども挙げたように、業者が不正を行っている可能性は否めません。
ある程度有名かつ安全性の高いソーシャルレンディング会社を選べば問題ないと思いますが、ソーシャルレンディング会社及び融資先については入念に調べてから投資しましょう。

元本保証がない

ソーシャルレンディングには元本保証がありません。
これだけ聞けば、投資信託などと同じではないかと思うと思いますが、その認識は改めましょう。
投資信託の場合は、万が一その証券会社が潰れても、顧客の資産は別で管理されているので安全なのですが、ソーシャルレンディングの場合は、何か問題があった時に資金が一円も返ってこない可能性もあります。
株式投資や債券投資はソーシャルレンディングと同じ性質を帯びていますが、そもそも安全性の度合いが異なるため、元本保証の無さに関する危険度はかなり高いものになっています。

情報開示の不透明性

現在は限定的にしか融資先の情報が公開されていません。
情報がある程度開示されており、透明性があると判断できる場合は投資しても良いと思いますが、ほとんど非公開のものに投資するのはリスクが高すぎるためやめておきましょう。

途中解約ができない

ソーシャルレンディングは債券投資のように途中解約ができません。
万が一解約できても元本を毀損する可能性が高いため、絶対に使用することのない余裕資金で行うようにしましょう。

事業の安定性

基本的に融資先は銀行に貸付を認められていない会社です。
そのため、事業の安定性がそもそも低い可能性があります。
最悪のケースとして、事業が失敗した上でソーシャルレンディング会社が杜撰な管理をしていた場合、大損してしまう可能性もあります。
情勢なども判断した上で、相手の事業がそもそも問題ないものかを考えるようにしましょう。

金融・保険カテゴリの最新記事