徳川家康の遺訓

徳川家康の遺訓

東照公御遺訓

人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し。いそぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。

現代版に意訳

人の一生というものは、重い荷を背負って遠い道を行くようなものである。急いではいけない。

不自由が当たり前と考えれば、不満は生じない。
心に欲が起きたときには、苦しかった時を思い出すことだ。
我慢することが無事に長く安らかでいられる基礎で、「怒り」は敵だと思いなさい。
勝つことばかり知って、負けを知らないことは危険である。
自らについて反省し、人の事を責めてはいけない。
足りないほうが、やり過ぎてしまっているよりは優れている。

名言カテゴリの最新記事