未経験者が在宅ライターで収入を得る方法

未経験者が在宅ライターで収入を得る方法

ライター未経験でも副業ができる時代

Googleが検索順位を決める際に、サイト記事を重視するようになり、ライターが重宝される時代になりました。

サイトの評価を上げるために質だけでなく量も求められるようになり、WEB業界ではライター不足に陥っています。その影響からライター未経験者でも記事作成で報酬を払うようになっており、在宅での副業ライターの需要が伸びています。

多くのクラウドソーシングサイトで記事作成の仕事依頼が多数出されており、その需要の高さがうかがえます。

また、ブログレベルの記事でも可とする依頼や未経験でも可とする依頼もあり、ライターとしてこれから副業をしていきたいという方も副業を始めやすい環境になっています。

在宅でライティングの仕事を受ける方法

では、在宅でライティングの仕事を受注するためには、どうしたら仕事を受注できるのでしょうか。

ライター未経験だと人脈もコネも無い場合がほとんどでしょう。
そういう時は、クラウドソーシングというサイトに登録して、記事作成の仕事を探しましょう。

クラウドソーシングって何?

先程から、何度か出てきている「クラウドソーシング」というのは、在宅ワーカーと仕事を発注したい人(企業)とをつなぐマッチングサイトの事です。

在宅ワーカー(在宅ライター)は、このようなサイトを通じて、記事作成を依頼したいというクライアントを探すのです。

色んなジャンルの記事作成依頼があるため、まずは自分の得意なジャンルや知識が豊富なジャンルの記事作成からトライしてみると良いでしょう。

仕事の受注にあたっては、発注者の依頼に対して「応募」をして、発注者が貴方のプロフィールや経歴・実績を見てお願いしたいとなったら「受注」となります。

そのため、ライター未経験の場合は自身の経歴やライター以外の仕事実績などでもPRするようにしましょう。
オンライン発注のため、仕事をお願いするにあたって信用できる人かを様々な側面から見られます。ライターとしての実績がないうちは、プロフィール内容を充実させて仕事をお願いされやすいようにしておきましょう。

ライティングの仕事依頼が多いサイト

  • REPO
  • ランサーズ
  • シュフティ

ライター向けの仕事が多いクラウドソーシングサイトは、上記のようなところがあります。

REPOは、WEBライターに特化したクラウドソーシングサイトです。

ランサーズは、クラウドソーシングの先駆けともいえるサイトで、仕事依頼の数がとても多いサイトとなっています。

シュフティは、主婦向けの簡単な仕事の多いクラウドソーシングサイトです。

色んなサイトを見て、未経験でも可となっている記事作成依頼のサイトを探して、WEBライターデビューをしましょう。

副業カテゴリの最新記事